2016年7月16日土曜日

京都ぎらい








本屋の一番目立つところにこの本はあった。
買うつもりはなかったが、ちょっと読んでみた。
おもしろい。
買ってしまった。
おそらく著者の文章にリズムがあり同調できれば、それが快感になる。
井上章一さんは知らなかったが、本の裏を見て「つくられた桂離宮神話」の著者であったのを知った。この本は随分昔に読んだ。桂離宮を神話にする必要のあった時代背景、そうなのか、その文脈が必要だったと。
「京都ぎらい」暑気払いにおすすめいたします。