2010年7月17日土曜日

梅雨明け

こんにちわ、信濃屋のMです。
梅雨が明けてすごい日差しですね。

信濃屋のすぐ裏の角に八百屋さんがあります。
和歌山の旬のおいしい野菜が店先に並んでいます。

8月からお店を休まれるそうなので、
信濃屋にそば粉のお買い物に来られたみなさま、
7月のうちにこちらもぜひのぞきに行ってみてください。
今はスモモや万願寺とうがらしがおいしそうです!



2010年7月3日土曜日

日本情緒



陳列ケースにはEnglish Available と中国語が、そして、この我々にとっては見慣れた陳列ケース(現物をイメージさせる装置)も外国人には、立派な日本のカルチャーに見えるかもしれない。


中国から日本への観光ビザの条件が緩和されたことで、中国人観光客はさらにふえることが期待されています。さて、中国からの観光客の買物は日本製でなければいけません。Made In Chinaではお土産にならない。それはかつての日本人も同じような経験をしました。中国の経済発展は驚異的です。20年のタイムラグを短期間に埋めてしまう。そして現在の中国は、都市生活者の生活感覚としては今の日本人とそんなにかわらないのではないでしょうか。日本に行くのであれば、日本でしかできないことを体験をしたいと考えるのは自然です。日本情緒を楽しみたいというのであれば、和食、麺類特にそばを是非食べてていただきたものです。同じ東アジアの文化圏を共有している者同士、麺類には親しみがあるはずです。中国に進出したコンビニで日常的に売られているおでんだけが日本食ではありません。是非そば屋さんで日本を体験していただきたいと思います。

2010年7月1日木曜日

大阪のおばちゃんが選んだそばぼうろ

滋味ゆたか 素朴な味わい





当社の店頭で販売しているそばぼうろです。

どこでだれに聞いて来るのか、最近このそばぼうろを買いに来られる方がふえています。
それも近所から。

まず、このそばぼうろは、そば粉がたくさん使われています。
原料はそば粉だけでなく、国産小麦、蜂蜜(水は使いません)。

そばぼうろを半分に割ると、そばの甘皮の緑がかった感じがよくわかります。

大阪のおばちゃんの目利きはたしか。

製造者:大阪府八尾市太田新町9-146 株式会社 嵯峨の竹 電話:0729-49-2795