2010年12月17日金曜日

新そばがおいしい季節になってきました

そば屋さんも絶賛



そんな国産玄ソバが順調に入荷しています。
10月12日の音江産に始まり、現在の産地は音威子府(オトイネップ)にかわっています。
12月15日には沼田産が入荷しました。
そこで気がついたのは上記3つの産地とも玄ソバの粒張りがしっかりしていることです。
今年の北海道は平年作を下回る単収でしたが、各JAが出荷基準を厳しくしたのか、容積重は去年の平均値を上まわっています。未熟粒は混じっていません。
おそらく「いい品質の原料を届けたい」という生産者の気持ちが伝わってきます。
粉屋も気合を入れ粉にいたします。

ご期待ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿