2010年4月17日土曜日

Festina lente


Festina lente
フェスティーナ レンテ はちょっと覚えておきたい文句。

中部銀次郎さんの「もっと深く、もっと楽しく」のなかに、「わたしが香港のロイヤル・ホンコン・ゴルフ・クラブで買ったセーターに、このゴルフ場のモットーである言葉が刺繍されていて、こう書いてある festina lente 、、、。」に始まり、「ゴルフというゲームには、幸運もなければ、不運もないのではあるまいか。そういう事実をはっきり認識することから、ゴルフは始まるような気が、わたしはしている。1打1打の結果に一喜憂していても始まらないーちょうど、人生と同じように、である」。で終わる一文は印象的。


さて開高健の本のタイトル「悠々として急げ」として使われてもいた festina lente を調べてみると、
意味は make haste slowly

ラテン語で festino は急ぐの意で、festina は命令形で急ぎなさいとなり、lente は副詞でゆっくりの意。
全体で「ゆっくり急げ」となる、と。

ゆっくり急げ、良い結果に早く到るためにはゆっくり行くのがいいという意味で、ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスの言葉といわれると説明にある。

0 件のコメント:

コメントを投稿