2010年3月19日金曜日

りんごの名産地




りんご園はマタワ周辺に多かった。

りんごはワシントン州の特産
アメリカ人は一人当たり年間18ポンドのリンゴを食べるが、その約3分の1はワシントン州中央部で収穫されたリンゴである。リンゴはこの地域の土着植物ではないが、この地域はリンゴの栽培に最適な気候と土壌に恵まれている。近代的な果樹園ではたくさんの小さな木が枝を触れ合うように植えられている。
ワシントン州のりんごの生産量で多いのが、レッドデリシャス(37%)、ガラ(15%)フジ(14%)ゴールデンデリシャス、グラニースミスになる。 ワシントン州産原産にクラブアップルがある。

デリシャスリンゴはアメリカの国内総販売額の5分の一を占めている。
アメリカのスーパーマーケットで売られるれいるリンゴは3種類、赤いレッドデリシャス、黄色いゴールデンデリシャス、そして緑色のグラニースミス。グラニースミスはニュージーランドで開発された品種だが、今日ではワシントン州のグラニースミスの生産量はニュージーランドを上回っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿